「ほっ」と。キャンペーン

Rio日記 10回目のRio (5)

dia 20~Aula de violão(da Célia Vaz)
2度目のギターレッスン。一回目が終わってから毎日練習(当然?)、batida奏法の基本の基本の大切な事、それを肝にきょうも厳しいレッスンが!
う〜、頭のイイ運動にもなるぅ。脳がフル回転!!!


dia 21~festa:Wanda Sá e Roberto Menescal  e casa do João Donato e Ivone

先日Menescalさんに招待頂いたクローズのfesta.
Kemyちゃんと行くというので、João Jijiさまが車で送って下さいました。

その前に、このfestaの会場が本当にO Donatoのお家の超ご近所なので、事前に連絡して会いにいこうかな〜?なんて考えていたら、あらら不思議Ivoneから「Noriko~♪」みたいなメッセージが来て!
で、こちらも話がしやすくなり、festaの後にお邪魔する事になりました!
楽しみが2倍!!

Festaは亡くなった「ANDRÉ MIDANI]さんと言う、MPBのgrande produtor~偉大なプロデューサーを忍ぶfesta&showでした。

開演前にMenescalさんに挨拶に行くと、
まさか私が来るとは思ってもいないWanda Sá先生は驚いて、多いに喜んで下さいました!!

そして、また例の「この子は私のギターのaulaを4日受けるためだけにRioにきたのよ!」と回りの人に話しはじめ、弾き語りのCDを私たら「チェックして聴くわね!」と冗談まじりに、でも嬉しそうに言って下さいました。

で、それがステージでも始まって^^;*
「あそこにいる日本人cantoraのNorikoは私の〜〜]
って、、大注目を浴びたのでした〜。私も[minha grande professiora!]
と返しときましたが。。

そして、さらに曲が「Vagamente]になると、始まる時にMenescalさんが「Norikoはこの曲をココRioでLulaとレコーディングして〜〜〜」と話し出され、またみなさんの注目を浴びる中、客席で一緒に唄い出ししました。そしたら更に、途中でココにおいで!ってステージに呼ばれ、、、曲始まってるのに、、2コーラス目唄ったのでした、ひゅ〜う=。

e0135150_1439634.jpg

[PR]
by nananyanko | 2014-01-16 14:40 | ♪no Rio~dezembro‘13 | Trackback | Comments(0)

Rio日記 10回目のRio (4)

dia 17~
Migeulさんから、19日のO Danilo e O Claudioのshowに、この前と同じように来て一緒に唄って!とメールが!!12日に大雨のために中止になった振替え公演。

Rosa Norenaを練習!また、あの感動を味わえると思うと、本当に幸せです!!
お声を掛けて頂け、それだけでも〜〜幸せ!!

dia 18~
Mas,,,その日はTVの収録が入る?とかで、行かない事に。「Daniloが明日電話を下さいと言っている。」と。
残念ですが、本当に誘って頂けただけで十分幸せです!!

すると、、、Roberto ManescalさんのプロデューサーのSavioさんからスタジオ兼Officeに誘われ、もう明日から一ヶ月休みに入るからと、、。流れに身を任せるのみ、って感じ。


dia 19~
ちょっとドキドキしながらDaniloさんに電話をかける。再会を約束して、、。

午後にはMenescalさんに会いに、、。ボート乗り場の近くでSavioさんと待ち合わせ。
まさに[O Barquinho]小舟に乗ってスタジオに。

2階に上がると、Menescalさんが、あの温かい笑顔で迎えて下さいました!!

何年も前に日本のBrasil大使館で一緒の写真を撮って頂いたことまで覚えていて下さり感激!!
製作中のDVDをちょっと観たり、、

そしてさらに、翌々日のクローズなFesta e show(Wanda Sa師匠と!)に招待までして下さいました。
Kemyちゃんも、とお願いし、帰ってきました〜。場所はなんと、O Donatoのお家の超近くとのこと。
festaの前におじゃましちょうかな〜?なんて考えたり、、、。
e0135150_039054.jpg

e0135150_0383273.jpg

[PR]
by nananyanko | 2014-01-01 00:40 | ♪no Rio~dezembro‘13 | Trackback | Comments(0)

Rio日記 10回目のRio(3)

dia 14~
MIgeulさんから、「15日のDaniloさん出演(ベースのZe'も)のshowは自分のプロデュースでなく、他の主催なので、Daniloは望んでいるけどNorikoは唄う事はできない、」と謝りの連絡頂きました。もう全然問題なしです〜!そんな、そう思って頂けた十分すぎる程幸せですから!!

後でFBにUPされたのを見たら、DaniloさんもいつものボーダーTシゃツでなく、キチンとスーツ姿。Leila Pinheiroさん等、そうそうたるCantorasが!!とても大きなshowだったのです!そんな所で唄える訳にゃいです〜〜!!(そんな所に誘って頂けただけで、もうもう〜〜十分過ぎ!)
むしろ、ホットした感じ^^;*
いやいや、いつの日かそんなステージに立てる(と、夢を持つ)位、がんばらなくては!

で、Sábados 毎土曜日はJoão Lyra先生はいつもChoroの学校で講師をされています。で、この日は今年最後と言うので、連れて行って頂きました。
Ah~この感じ!音大時代を思い出しました。この日はもう授業はなく、みなさんそれぞれ発表会のような感じ。フルートのクラスのアンサンブルを聞き、Vocalクラスのがあると教えてもらったので、そちらに移動。

やっぱり?vocalクラスの生徒さんは何となく華やかな感じ。(男性もいらっしゃいましたが)
伴奏はJoão Camareroさんともう一人、お二人共7弦ギターです。一人一人順番に曲名を言い唄います。先生が横で見守っていらっしゃるので、時々すがるような目で先生を見て、、、わ〜!何処も同じ!にゃんこ生徒のみなさんの事が懐かしく思われました!!Saudades~!

最後は噂には聞いていた、、全部の楽器の生徒さんが一緒に演奏!!素晴らしいですね。その場所も野外で、良い精霊がいっぱい居るような場所。
João Lyra先生のお顔も~^^*
e0135150_2327375.jpg


今回初めてRioにいらしたTamさんと、Kemyちゃんと3人でPão de Açucarに。16年前?初めてRioに来た時上ったけど、曇りで雲ばっかりでした〜〜今回はリベンジ!やや曇りながら、素晴らしい景色が見られました!!^^*//


dia 15~
Showに行く事も無くなったので、一日のんびり〜。ギターの練習。

dia 16~
いよいよCélia Vazさんのレッスン!ギターも持っていたので、今回はtaxiでLeblonのお宅に。
窓からCorcovado, Cristo Redentorが見える!まさに[Corcovado]の世界〜の中でのレッスン。
主にsambaのbatidaの弾き方を教えて頂く。
こんな風にギターのレッスンを受けるのは,
思いもよらないギターを弾かされた!(とても感謝申し上げておりますが^^*)Wanda Saの時、その後、一度Joao Lyra先生にも日本で受けただけ。

一人であれこれ考えてやってきました。まあ、超厳しい、何も具体的には教えてくれないけど、実践で鍛えてくれているヒロヒロはいますが〜

習うって楽しい!と言うか、(当然ですが)弾き方を教えて頂けるので、アレコレ考えなくても、教えてもらった事を出来るようにすれば良いのですから!
やっぱりたまには必要だと感じました。
Brasil音楽を専門とすると決めているのですから、本物を知らなければ!それからオリジナリティーを。

Céliaさんはレッスンのプロでもいらっしゃるから、教え方が実に的確です。
とは言え、今までにやった事の無い奏法で、ヒャ〜な感じ!!
にゃんこ生徒さん達の気持ちが新ためてよ〜〜くわかりましたにゃ!
e0135150_23314383.jpg

[PR]
by nananyanko | 2013-12-25 23:34 | ♪no Rio~dezembro‘13 | Trackback | Comments(0)

Rio日記 10回目のRio (2)

dia 8(8日)〜gordinha?gordão?
27時間近いフライトで、飛行機の中で食べ過ぎ〜胃が大きくなってしまった、または食べるクセがついてしまったのか、、このお家に来てからも、café da manhã,almoçaとしっかりいただいてしまい、気がついたらお腹ぽっこり@@*))))ここのところ無い程に下半身ぽっちゃりに〜〜!!

これはいけないと、実はスーツケースにしのばせた?[AEROLIFE](足でスライドさせて、お腹,太ももの内なる筋肉を鍛えるもの!)1日100回×2!!

これが、Kemyちゃんやお手伝いさんのMarineteにも大好評!みんなでシュッ!シュッ!と怪しい音をたてる事に^^;*
(東京にいると、ついさぼってしまうのが、こちらでは時間に余裕もあるので、しっかり引き締めようと思い持ち込みました!〜空港で「これは何?」と聞かれたら、実戦するしかないにゃ!と思っていましたが、無事通過。)

Rio滞在〜出だしはのんびり〜。JoãoさんとKemyと一緒にお買い物に行ったり、お昼を外に食べに行ったり、、。


dia 10~Chovendo
夜から雨。だんだんひどく、、、


dia 11~estudar
やっと音楽モードに入りました!新しいレパトリーを決め練習。DaniloさんやプロデューサーのMigeulさんから連絡が入り、12日、Kmeyちゃんと一緒にDaniloさんとClaudioさんのshowに予定通りご招待頂き行く事に!!

夕食後(スパークリング〜赤ワインを飲んだ後!)Joao先生のaula de Violão(ギターレッスン)に!
ひゃ〜と思いつつも大感謝!ありがたいことです〜〜!!
毎日練習します!練習してると「よしよし」と言う感じに〜。素晴らしい環境^^*////



が、昨夜から降り出した雨がすごい事に!!Daniloさんからも朝、FaceBookに「Barraから出ないように。道が冠水して交通状況も悪化してるら、」とお知らせ頂き、、すごさを認識。
そして。。。


dia 12~show do Danilo e o Claudio
雨の被害がすごくて、被害者も出た位、、楽しみにしていたshowもキャンセルになったと連絡が来ました。でも、それほどすごかったのだとあらためて認識。

でも、翌日のShowに行ける事に。遠い場所なので、一緒に車で連れて行って頂けるとの事。
明日はいよいよ本物の?Daniloさんに会える〜^^*//


dia 13~como sonhar
TaxiでDaniloさんのお家へ。途中道が混んでて約束の14時に少し遅れるとメールでやりとり。
近くまで来て、住所の番号を見ながらゆっくり走っていたら、、一人の男性が微笑んでくれました!Migeulさん?と思って車を止めてもらったら。。Daniloさんのお顔が!!!
お写真では、もちろん、いつも拝見しているから、すぐにわかりました。

わ〜ご本人〜〜!あの優しい笑顔はそのままの、ステキな方です。(Miguelさんもね!)
FBで繋がっているせいか、初めてお会いしたとは思えませんでしたが。

O Grande Dorival Caymmiのご本を頂き、、私もおみやげを渡し、、、
車を待って、出発。

今日のshowの場所はSão Gonçaloと言う所にあるSESC。Niteroiよりさらに遠いところ。
初めて橋を渡り、向こう側に行きます。

車の中でガイドをして下さり、Guanabaraに反応した私が「Samba de Avião」をつい口ずさんだら、一緒に〜続いて「A Felicidade」も一緒に唄いながら〜〜!
すご過ぎ!嬉し過ぎ!!
いつも聴いてきたJobimさまのBanda Novaとの演奏の、、、あのお声が、、本物のお声が、今taxiの隣で聴こえるのです〜〜!!しかも一緒に唄ってすのですぅぅぅぅemoticon-0152-heart.gif


SESCに到着後、サウンド・チェック〜リハを見学。いつもの感覚が蘇る。BrasilでもJapãoでも同じ感覚。やっぱり落ち着きます、こういう空間。

楽屋に戻って、日本語には「ひらがな」「カタカナ」「漢字」ってあると書いてお教えしていたら、その紙は一昨日から練習していた[O Bem do Mar]の歌詞を書いた紙だったので、今この曲を練習している、とお伝えしたらDaniloさんがClaudioさんに「ギターを持って来て、Norikoにこの曲を唄ってあげて、」と!!
「彼のこの曲は素晴らしいんだよ。」と!!

Claudioさんが弾き語って下さると、Daniloさんも一緒にハモって、、、
至近距離で、お二人の歌声に包まれ、、、もうウルウルです!大感激!!神様にも感謝!!

そして以前からDaniloさんは、私が新しいCDに『Sábado em Copacabana][Rosa Morena]を収録した事をご存知だったので、その2曲を一緒に唄って〜〜
[Rosa Morena]を唄い終わったら、「今夜これを一緒に唄おう!」と言って下さり!「と、と、とんでもありませ〜ん!ココで唄えただけでもう十分幸せですから〜」とご辞退したのですが、「大丈夫!」みたいになって〜〜。
Migeulさんもニッコリ笑って下さり、、またステージに戻りマイクをチェックをしたのでした。

結局アンコールの時に呼ばれ、客席から登場することに!

お二人のコンビネーションはさすが!ステキです。Claudioさんの声もとてもステキです。何度も胸が熱くなり、、お客様も、どんどん一緒に唄って、盛り上がって、、、
そしてついにアンコール!!こんなに盛り上がってる所に〜〜でも、躊躇しているヒマはありません!
注目を浴びながらステージへ。簡単なご挨拶をすると、皆さんの笑顔、拍手と歓声が聞こえました。

そして一緒に[Rosa Morena」を唄わせて頂きました。客席の皆さんがみんな笑顔なのが見えて、しあわせ〜〜〜。ちょっぴしsambaのステップを踏んだらまたまた大歓声!!

帰り際、DaniloさんとClaudioさんはファンの方々とお話されていたので、外で座って一人待っていたら、たくさんのかたに声をかけて頂き、写真も!と代わる代わる撮って下さったり!
本当に嬉しかったです。

帰りの車の中で、明後日の別のShow(baixonistaのZe' Maiaも出演するから)にも来て唄って、と言って頂き、、、「みんなnorikoを気に入ったよ」とも言って頂き、、本当に夢のような一日でした。
感謝です。

e0135150_22433415.jpg
e0135150_224322.jpg
[PR]
by nananyanko | 2013-12-23 22:46 | ♪no Rio~dezembro‘13 | Trackback | Comments(0)

12/5日本を出発〜6日にRioに着いてから16日目。今回の滞在も後半に入りました。
一緒に出発した元生徒さん(その時はvocal)のTamさんも、目的の7弦ギター習得のためのレッスンも(Joao Lyra先生、Joao Camarero先生と言う、完璧な先生陣でした!)無事に終わり今朝早朝に帰国されました。で、何となく一段落。
これまでの出来事をふりかえってみたいと思いますぅ。


12/5~[como sempre!]
いつも通り?ギリギリまでお仕事を入れていたので、バタバタな感じで出発。
いつも通り、新宿駅の成田エキスプレスのホームの遠さを忘れていて、ギターとスーツケース(一個は前日宅配で空港に)を抱え、ホームを走る!
出発2分前に乗車。用意して下さっていた特別なビールを一口飲むと疲れからか、胃痛が!手のひらで温めながら、、なんとか治りホットする。今回は長いのでiPhoneから海外保険に入り、無事出発。

初めてのドバイ経由、エミレーツは噂通り快適!トランジットも楽々!
(今まで9回は北米経由だったので、特に9.11事件の後はその都度入国審査もあり大変でしたから〜。)


6日〜Hotel
Rio一日目はその後滞在するJoao e Kemyのお家に近いBarra da TijucaのHotelに。これが不思議なホテルで、、taxiが門を入る時のセキュリティー、フロントのそっけなさ、そこそこのグレードのHotelなのに、ポーターさんも誰もいない〜自分で荷物を運ぶ。

要するにアパートメントをHotelにしたようで、サービスはゼロ!勝手にどうぞ〜みたいな。
でも、まあ、敷地は広く、海の正面でゆったりしていたので、それはそれと楽しみましたが。でも、もうnunca泊まらないでしょう〜^^;*

7日〜em casa do Joao e Kemy
Kemyちゃんが、お部屋をすっごく可愛く、nori好みにしていてくれて感激!!ここで3週間ちょっとお世話になります〜!いよいよ1ヶ月のRio滞在が始まりました!!

e0135150_0361753.jpge0135150_035547.jpge0135150_0353336.jpg
[PR]
by nananyanko | 2013-12-23 00:38 | ♪no Rio~dezembro‘13 | Trackback | Comments(0)